ぎっくり腰の場合(緊急枠について) | 肩こり・腰痛に新潟市の整体院【うみそら整体院】

新着情報

  • TOP トップページ
  • MENU メニュー
  • VOICE お客様の声
  • Q and A よくある質問
  • INFORMATION 店舗案内

ぎっくり腰の場合(緊急枠について)

2017年03月12日
うみそら整体院は、事前予約のお客様で満員。基本、当日予約は、難しい整体院です。
ぎっくり腰の場合、満員でも、何とか緊急枠を設けて、出来る限りお客様の痛みを軽減させたいと思っています。
(昼休み、中休み、営業時間外にて承ります)

月10人~30人のギックリ腰のお客様が来ます。

そのほとんどが(100%とは言いません)、来る前より、明らかに改善、納得をして、帰って頂いてます。
中には、整体、カイロ、整骨院、鍼、どこへ行っても同じと思ってる方。
マッサージ、電気治療などで全く良くならず、お店をハシゴして、当院に来る方も、居ます!



ぎっくり腰の場合、直後は炎症状態24時間以内は、冷やして良いと思います。
逆に内臓臓器が冷え切ってる場合があるので、お腹は温めます。
良く、温めない方が良いと言うので、お風呂はNGと言いますが、真まで温めなければ
シャワーやさっとお風呂に入り、汗を流すのは問題ないと思います。
動ければですが?????
2日目からは逆に血行を良くするために、温めてOKです。

冷シップも温シップも体感だけの違いで効果は同じです。
コルセットはどうしても仕事で動かなくてはならない時は装着して良いですが
普段、安静時などは、血行を悪くするので、外しておいて下さい。

また、鎮痛剤(痛み止)もどうしても動かないといけない、仕事の数時間前に取るのは仕方ない。
しかし、乱用は内臓機能低下の中にムチを打って働けと言ってるようなものなので止めた方が良いと思います。
鎮痛剤にも強め、弱めがあります。これは、効き目と内臓への負担の強弱を表してます。

私個人としてはボルタレン、ロキソニン、イヴのような強い鎮痛剤は避けて
バファリンぐらいが良いかな?と思います。

内臓を休める意味で「素うどん」「おかゆ」「スープ」など消化の良く、体を温める食べ物にして下さい。

お水をチョイチョイ摂取。痛くて起きたくないと思いますが、トイレは我慢しないで老廃物は即、出します。
ぎっくり腰の場合うみそらの調整を受けると翌日、下痢に襲われる事が良くあります。これも、老廃物を出しています。






過去、ギックリ腰を経験している皆様にお伝え致します。

ギックリ腰になる前に1度、初診して頂けると、タイプが予測出来て、万が一、ぎっくり腰になった時、
より良い、調整ができます。保険を掛ける意味で、1度、オススメします。


ぎっくり腰が初診でも可能な限り、最善を尽くします。


新潟市 江南区の整体院

<<一覧に戻る

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください。 090-1429-9366

CONTACT お問い合わせ

初めてうみそら整体に来る方へ

症例解説

WARP and PAIN 歪みと痛み

Information

うみそら整体院
〒950-0210 新潟県新潟市
江南区横越上町4-3-5
  • 自律神経調整したい方、肩こり・腰痛がつらい方、なかなか改善されない方など、体のことでお困りでしたら【うみそら整体院】に是非お越し下さい!
  • 【営業時間】9:00~21:00
    【定休日】不定休
    駐車場2台分有ります。
  • お問い合わせはこちら 090-1429-9366
  • Mail Form

ページの先頭へ